• ホーム
  • サイトマップ
  • 総合お問い合わせ

千葉県支部の救護体制

画像千葉県支部の救護体制をご紹介します。

救護班(医療チーム)

千葉県支部では、7名(医師1、看護師長1、看護師2、主事2、薬剤師1)からなる救護班を成田赤十字病院に12個班、千葉県赤十字血液センターに2個班を常備し、災害発生時には、直ちに被災地へ派遣します。
また、成田赤十字病院では、発災後から48時間以内の急性期医療を担う「DMAT」(災害派遣医療チーム)を2チーム編成しています。

救援品の備蓄と配分

県内9カ所に日本赤十字社千葉県支部が管理する災害救援物資備蓄倉庫(千葉市、船橋市、成田市、市川市、木更津市、茂原市、旭市、南房総市、柏市)を整備するとともに、県内市町村の日本赤十字社窓口(地区・分区)が管理する災害救援物資等保管倉庫による救援物資の備蓄体制を確保しています。 (平成29年7月4日現在)

※災害救援品の備蓄数量は変動します。

災害救援品目 備蓄数量
毛布 32,130枚
敷布 4,230枚
ガーゼケット 4,550枚
日用品セット 2,226セット
バスタオル 4,534枚
収納袋 1,170枚
安眠セット 1,875セット
緊急セット 1,494セット

血液製剤の供給

千葉県赤十字血液センター、千葉県赤十字血液センター千葉港出張所及び6カ所の献血ルーム、10台の移動採血バスで災害時にも円滑に血液製剤を供給できるよう体制を整備しています。

赤十字防災ボランティア

災害時には、多くの一般市民や各種団体等がボランティア活動に参加します。その際、それぞれのボランティアがバラバラに活動していたのでは、機能的な活動は出来ません。
そこで赤十字では、災害時に備え日頃から訓練や研修を行い、有事の際に円滑な救援活動が展開できるよう、ボランティアの登録・養成をおこなっています。
あなたも赤十字防災ボランティアに登録し、赤十字の一員として活動してみませんか。

問い合わせは

日本赤十字社 千葉県支部(救護福祉課 救護係)
〒260-8509 千葉市中央区千葉港5-7
TEL:043-241-7531(内線540/543)  FAX:043-248-6812
受付時間:平日の午前9時から午後5時まで

00