• ホーム
  • サイトマップ
  • 総合お問い合わせ

国際活動

画像世界190の国と地域に広がる国際的ネットワークを持つ赤十字の一員として、紛争・災害・疾病などで苦しむ人を救うため、救援活動・支援事業を行っています。

活動の内容

「地雷犠牲者救援事業」(カンボジア)に対する資金援助

カンボジアでは、10数年に及んだ内戦により、国土のいたる所に対人地雷が埋設されており、紛争終結後の現在でも多数の一般人が犠牲となっています。
千葉県支部では、四肢欠損者の社会復帰のための支援事業として、平成9年からカンボジア義肢センターの運営費の一部として資金援助を行っています。(平成26年度 200万円)

「ネパール青少年教育等支援事業」に対する資金援助

ネパールでは、様々な災害、貧しさのために、子ども達が学校に通うことができず、学校に行っても十分な教育を受けられないことがあります。
ネパール赤十字社では、子どもたちに文房具等を届け、学習環境を整備し、病気の予防や平和の大切さを学ぶ機会を作っています。具体的には、文房具セットやスポーツ用品セットなどを整備しています。
 日本赤十字社千葉県支部は、ネパール赤十字社の実施する教育、衛生環境改善事業に毎年の資金援助を行っています。(平成26年度 200万円)

「バングラデシュ青少年教育等支援事業」に対する資金援助

日本赤十字社千葉県支部では、平成22年度からネパールと同様に、バングラディッシュ赤十字社の実施する教育、衛生環境改善事業に毎年の資金援助を行っています。 (平成26年度 200万円)

「国際救援要員」の育成と海外救援活動への積極的参加

日本赤十字社千葉県支部では、本社が指定する※国際医療救援拠点病院が主催する、各種研修会に職員を参加させることにより、国際救援に従事する人材の育成を図っています。

国際救援・開発協力要員

日本赤十字社千葉県支部及び成田赤十字病院並びに成田赤十字看護専門学校において登録されている職員数は次の通りです。

  1. 日本赤十字社千葉県支部・・・4人
  2. 成田赤十字病院・・・5人

国際医療救援拠点病院

日本赤十字社医療センター 名古屋第二赤十字病院 大阪赤十字病院 
日本赤十字社和歌山医療センター 熊本赤十字病院

800