• ホーム
  • サイトマップ
  • 総合お問い合わせ

盲導犬について学び、視覚障がい者の体験をしました

資料平成28年7月11日(月)に千葉県赤十字会館で開催された西部地区の高校メンバー協議会(参加者45名)が開催され、「盲導犬を普及させる会」スタッフの方、ユーザーの松井進さんと盲導犬のジョバンニをお招きして、『盲導犬についての講話』と『手引き歩行の擬似体験』をしました。

参加した生徒の感想から

・「実際にアイマスクを使っての盲目体験で、人と接することの大切さを学ぶことができました。」
・「視覚障がい者体験では、人のガイドがないとまったく歩くことができなくて、怖かった。」
・「助けがあるだけで安心するということが学べたので、今後困っている人を見つけたら声をかけようと思いました。」

画像
ユーザーの松井進さんと盲導犬のジョバンニ
画像
松井さんの体験談や盲導犬クイズで視覚障がい者・盲導犬への理解を深めました。
画像
段差を上がるのにも様々な情報が必要です。
画像
狭路は、いろいろな通り方があります。
画像
テーブルの上で物の位置は、時計の時間の方向で伝えます。(例:12時の方向にペットボトルがあります。)
青少年赤十字に関するお問い合わせ先

担当:日本赤十字社 千葉県支部 事業部 組織普及課 青少年係

    〒260-8509  千葉市中央区千葉港5-7
      TEL  043-241-7531
      FAX  043-248-6812

00