• ホーム
  • サイトマップ
  • 総合お問い合わせ

モンゴル国ユースメンバーと交流をしました

平成29年8月7日(月)~12日(土)の6日間
千葉県青少年赤十字中・高校生メンバー8名が、モンゴル国赤十字社のユースメンバーと国際交流を行いました。
モンゴル国では、現地赤十字社や支部へ訪問し、それぞれのユース(JRC)メンバーが国や青少年赤十字活動の紹介をし、ダンスやミニゲーム等で交流を深めました。

普段使い慣れない英語でのコミュニケーションで、初めは緊張していましたが、時間と共に、互いが打ち解けあっていき、最終日には、メンバー同士が抱き合いながら涙した場面も見られました。


※1
青少年赤十字では三大実践目標のうちの1つに「国際理解・親善」があり、その具体的事業として、海外の青少年赤十字メンバーと交流し広く世界の青少年を知り、互いに助けあう精神を育むことを目的とし、今回の派遣事業が実施されました。

※2
今回の派遣先となったモンゴル国は、
日本赤十字社では、モンゴル国赤十字社に対して、学校での教育活動やユース世代の活動の支援のために、青少年赤十字のメンバーによる一円玉募金を原資として教育等支援事業を平成27年度まで行っていました。
また、現在でも千葉県支部として組織基盤強化のための支援を行っています。

※3
今回の派遣団は、
・青少年赤十字中学生・高校生メンバー 各4名
・青少年赤十字指導者 2名(校長・教諭)
・赤十字職員 2名(赤十字病院看護師長・支部職員)
の 12名で構成されています。


派遣メンバーの感想(一部抜粋)

・多くのことを見て、感じて、知り、学ぶことができました。
 日本では体験できないことばかりで、自分が今何をすれば良いか等の課題が見え始めました。
・モンゴルのユースメンバーのパフォーマンスに応えきれなかったことが悔しかったです。
・モンゴルも日本も人の温かさは変わらないということに気づきました。
・どんなことを学んできたのか、これからどうすべきなのか、しっかり伝えるように努力することこそが、今回の目的を達成することだと思います。
・積極的にいろいろなことに挑戦できて、成長できたと思います。

期日 日程
1日目
 8月7日(月)
・出発式
・成田空港出発、チンギスハーン国際空港着
・ホテルへ移動
2日目
 8月8日(火)
・モンゴル赤十字社表敬訪問、ユースメンバーとの交流
・モンゴル籍樹自社ナライア支部訪問、ユースメンバーとの交流
3日目
 8月9日(水)
・チンギスハーン像の見学
・モンゴル赤十字社ユース・ディベロップメント・センター(キャンプ場)にてユースメンバーとの交流
・ゲル泊
4日目
 8月10日(木)
・モンゴル血液センターの見学
・ユースメンバーとの交流
・ホームステイ
5日目
 8月11日(金)
・日本人墓地の訪問・見学
・スフバートル広場、ザイサンの丘の観光
6日目
 8月12日(土)
・チンギスハーン国際空港発、成田空港着
・解散

交流の様子

成田国際空港にて結団式 ~ モンゴル赤十字ユースメンバーと合流

  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1

モンゴル赤十字社 本社にて

  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1

モンゴル赤十字社 支部にて

  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1

キャンプ場にて

  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1

モンゴル血液センターにて ~ 帰国

  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1
  • 写真1
青少年赤十字に関するお問い合わせ先

担当 : 日本赤十字社 千葉県支部 事業部 組織普及課 青少年係

    〒260-8509 千葉市中央区千葉港5-7
      TEL  043-241-7531
      FAX  043-248-6812
00