• ホーム
  • サイトマップ
  • 総合お問い合わせ

シリア赤新月社への攻撃について

 平成28年9月19日、長く続く内戦に苦しむ中東シリアの人々に食料と医薬品を届けるためにシリア赤新月社が用意した救援物資の輸送トラック隊が空爆による攻撃を受けました。この攻撃で20名近くの市民とシリア赤新月社職員1名の命が奪われ、数千人分の食料や医薬品が滅失しました。
 人道支援に携わる人や関連施設・設備は国際人道法により守られなければならないなかでの本件を受け、各国赤十字・赤新月社は、SNSのプロフィール画像を赤一色にし、国際人道法の順守や赤十字活動の重要性を呼びかけています。
 本件に関する詳細は下記リンクよりご覧いただけます。



REDforSYRIA(Facebook)                      -日本赤十字社
REDforSYRIA(Twitter)                      -日本赤十字社
シリア:人道支援物資を運ぶ車列への攻撃は、人類そのものへの攻撃    -赤十字国際委員会

00