• ホーム
  • サイトマップ
  • 総合お問い合わせ

7月5日の大雨に対する日本赤十字社の対応

福岡県や大分県など、7月3日から降り続いている豪雨の影響により、九州北部地域に甚大な被害が出ています。
本県支部では、現在、福岡県および朝倉市の災害対策本部に本県支部職員を派遣し、被害状況の情報収集にあたっているほか、被災した地区からの要望を受け、朝倉市へ毛布500枚、大刀洗町へ毛布40枚とタオルセット10枚を搬送しています。
(日本赤十字社福岡県支部HPより)

    
      救援物資(毛布)を積み込む職員               朝倉市と大刀洗町へ向け出発

最新の情報、詳しい情報に関しましては、こちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

00