• ホーム
  • サイトマップ
  • 総合お問い合わせ

「赤十字健康ランニングクリニックちば2018」を開催しました

 3月3日(土)、マラソンの指導や解説でおなじみ、マラソン界の第一人者金哲彦さんを講師に迎え、「赤十字健康ランニングクリニックちば2018」を富津市総合社会体育館及び新富運動公園で開催しました。

 前半は、「走り出す前のストレッチ」や「肩甲骨や骨盤周辺の筋肉をほぐすことにより、楽に安全にランニングができるようになる。」などを実演。実際にストレッチを行った参加者からは、「明日の県民マラソン大会でのタイムアップに繋がりそう」、「ランニングは、腕振り、体幹が非常に重要であることが分かり、今日のトレーニングで、楽に動かすことができるようになった。」などの声が聞かれました。参加者からは、普段から疑問に思っていたランニングに関する質問が次々と続き、その質問に金講師は、一つ一つを丁寧にお答え頂き、参加者は非常に満足をした様子でした。

 後半は、「ランナーを救うのはランナーだ!」をKeyWordに、クリニック参加者を対象としたランナー向け救急法ミニ講習会を開催しました。ランニングクリニック講師の金哲彦さんからは、「マラソン大会でランナーの異変に気づくのは周囲にいる他のランナー。そのランナーが適切な処置を行うことによりランナーを救うことができるということは大事なこと。」との話しもあり、参加者は熱心に心肺蘇生法の実技に取り組んでいました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像