• ホーム
  • サイトマップ
  • 総合お問い合わせ

「日本赤十字社所蔵美術展」開催のお知らせ

 日本赤十字社千葉県支部では、千葉県立美術館との共催により、日本赤十字社本社が
所蔵する美術品をご鑑賞頂く機会として、日本赤十字社所蔵美術展を開催いたします。
この美術展で展示する作品は、高名な美術家の方々が、人道を具現化する赤十字運動に
ご賛同され、その想いを形にと作品を「寄贈」して頂いたものであり、その数は50人を
上回っています。
 なお、この美術展は、赤十字思想誕生150周年記念の年であった平成22年5月に
県内で初めて開催し、今回は赤十字奉仕団創設70周年を記念して開催するもので、県内
2回目の開催となります。

1 期日 平成30年7月14日(土)午後~9月24日(月・祝)

2 会場 千葉県立美術館(千葉市中央区中央港1-10-1)

3 主催 日本赤十字社千葉県支部、千葉県立美術館

4 主な展示作品 東郷青児「ナース像」、小磯良平「集い」、
            東山魁夷「晴れゆく朝霧」、梅原龍三郎「パリス審判図」、
            青山義雄「アネモネ」、寺崎武男「第15回赤十字会議の図」
            ほか全48点予定
            ※赤十字に関する展示も行います

00