• ホーム
  • サイトマップ
  • 総合お問い合わせ

千葉市医師会・千葉市消防局・教育委員会「いのちを守る教育推進プラン」×赤十字救急法

千葉市医師会・千葉市消防局・千葉市教育委員会では、千葉市立の小学校5年生、中学校2年生を対象として、心肺蘇生、AEDの使用法を学ぶ「いのちを守る教育推進プラン」を行っています。

今年度から当支部も、本事業に協力し、小学校6校、中学校2校で約1,000名の児童・生徒に赤十字救急法を行います。

9月27日(木)には、千葉市立小中台小学校5年生を対象に赤十字救急法を行いました。
受講した児童からは、
「AEDはガイダンスに従えば、難しくなかった。」
「いざというときに学んだことを活かしたい。」
といった声が聞かれました。

なお、同校は青少年赤十字採用校として活動しています。

小中台小学校 赤十字救急法①
画像
小中台小学校 赤十字救急法②
00